スタイルシート裏の裏


第3章 スタイルシートの使い方


3-3.パラグラフ(P要素)

HTML4.0では、BODY要素の内容としてブロック要素しか書くことができないので、最も簡単なブロック要素である段落を意味するP要素が多用されることになります。ところが、IE4.0でもNN4.0でも、P要素はその前に1文字分の隙間をあけてしまいます。これは、P要素のマージンがデフォルトで1文字と設定されているためです。


マージンとインデントの設定

マージンの上と下をフォントの大きさの10%づつあけ、インデントを1文字分とするには次のように定義します。

p  {
	margin-top     : 10%;
	margin-bottom  : 10%;
	text-indent    : 1em; 
}

ブラウザ間での注意点

少しだけですが、NN4.0の方がIE4.0よりマージンが大きい傾向があるように思います。最近わかってきましたが、スタイルシートでマージン指定した場合、IE4.0ではデフォルトのマージンが全て0となるのに対し、NN4.0ではデフォルトのマージンが0にならずデフォルト+スタイルシートのマージンとなるためのようです。


Indexに戻る ==== 前のページに戻る ==== 次のページへ