スタイルシート裏の裏 Ver 3.19


ABSTRACT


スタイルシートの裏の裏って何だろうと思ってこのページを訪問してくれた皆さん、たんくろの策略にまんまとはまっていただき、まことにありがとうございます。

裏の反対は表です。そう、タイトルにある「裏の裏」は「表」の意味なんです。 つまり、スタイルシートを裏技や特殊なテクニックとしてではなく、正攻法で使えるようにするにはどうすればいいのかを紹介しようというのがこのサイトの趣旨です。

具体的には、実際にIEやNNで同じ見栄えとなるスタイルシートとするにはどうすればいいのかいろんなサイトを参考にしながらも、自分なりの表現で、初心者にもわかりやすいような説明をおこなうつもりです。

  1. このサイトの構成
  2. このサイトのページアクセス方法

INDEX


  1. はじめに
  2. スタイルシートの書き方
    1. スタイルシートの書式(基本)
    2. スタイルシートの書式(応用)
    3. フォント
    4. テキスト
    5. 背景
    6. ボーダー(枠線)
    7. マージン
    8. パディング
    9. リスト
    10. ポジション
    11. その他
  3. スタイルシートの使い方
    1. 全体(BODY要素)
    2. リンク(A要素)
    3. パラグラフ(P要素)
    4. 引用(BLOCKQUOTE要素)
    5. 見出し(Hn要素)
    6. リスト(UL,OL,DL要素)
    7. 表(TABLE要素)
    8. 画像(IMG要素)
  4. スタイルシートの注意点
    1. BODYへの定義が継承されない
    2. 中央寄せにはテクニックが必要
    3. 閉じタグを忘れると
    4. リスト要素の不思議
    5. デフォルトのマージンが消えない
  5. IE5.5とNetscape6のCSS New !
    1. リンク(A要素)
    2. 引用(BLOCKQUOTE要素)
    3. 見出し(Hn要素)
    4. リスト(UL,OL,DL要素)
    5. 表(TABLE要素)
    6. 画像(IMG要素)
    7. 継承
    8. 閉じタグ
    9. 中央寄せ
  6. その他
    1. ブラウザが持つデフォルトのスタイルシート
    2. 初心者向けスタイルシートの書き方
    3. 有名サイトのスタイル定義を調べて参考にしよう(著作権の問題が。^^;)
    4. CSS2は何が新しくなったのか(今でも混ざって説明してるようです。^^;)
    5. CSS Level.3を提案しよう(無理ですよ〜。^^;)

CONCLUSION


どうでしょう、スタイルシートの正攻法の使い方について理解ができたでしょうか。

やっぱり裏技として使ったほうがいいと思いなおしてしまうほど、現時点でのIEやNNなどのブラウザとの連携は低いのが実情です。CENTER要素やFONT要素はすぐにはなくせないようですし、現時点では、スタイルシートは極力書かないで済むなら書かないでおこう、というスタンスでHTMLファイルを書かざるを得ない状況です。

それでも、複数のページの見栄えを外部ファイル1つで同時に再定義が可能であるなど利用価値が高いのも事実です。実際、このサイトでは文字色、文字の大きさなど良い見栄えを追及できるできるのも、スタイルシートがあればこそと言えます。

最後になりますが、内容にはまだまだ不備な点、間違った表現、間違った内容などが多々あったと思いますがご容赦ください。

Netscape6最終版はCSSについてかなりの完成度と言えます。IEの次期バージョンの巻き返しに期待します。


References & Appendix


  1. 参考文献
  2. 用語説明
  3. 更新履歴
  4. このサイトのスタイルシートの定義
Copyright 1999-20101 Tancro , All Rights Reserved.
サイトのトップに戻る