スタイルシート裏の裏


第2章 スタイルシートの書き方


2-10.ポジション

position、top、left

positionはポジショニングの方法を、absolute(絶対位置指定)、relative(相対位置指定)、static(通常)のいずれかで指定します。<IMG>タグのSTYLE属性に直接指定すると、NN4.0で位置がずれてしまうそうです。

topとleftはposition:absolute もしくは position:relative と共に使用し、位置を絶対位置、もしくは相対位置で指定します。

<SPAN STYLE="position:absolute; top:100; left:100;">
<IMG SRC="xxx.gif" WIDTH=50 HEIGHT=50 ALT="xxx">
</SPAN>

float

画像などの位置を left, right, none のいずれかで指定します。<IMG>タグのALIGN=leftなどと同様です。


visibility

表示するしないを、visible(表示する)、hidden(表示しない)、inherit(上位のオブジェクトに依存する)のいずれかで指定します。IE4.0のみ有効です

img	{ visibility : hidden ; }

clip

表示する範囲を指定します。regionにautoを指定すると通常通り、rect(0,50,50,0)を指定すると、top=0,right=50,bottom=50,left=0 の範囲のみを表示します。IE4.0のみ有効です


z-index

表示の際の重なりの順序を指定します。この数値が大きなものほど、前面に表示されます。

IE4.0のみ有効のようです。


Indexに戻る ==== 前のページに戻る ==== 次のページへ